【BMI25以上必見】金森式ダイエットとは?正しいやり方も紹介!

やり方・方法

ダイエット

金森式ダイエットが話題となっていますが、これから金森式ダイエットをやろうと検討している方は、

 

・今話題となっていて結果が出ている人が多いみたいなのでどんなダイエット法なのかを詳しく知りたい
・ついでに具体的なやり方も知りたい

 

と考えていませんか?

 

 

本記事では以下の内容を解説しています。

□目次
1.金森式ダイエットとは○○○である!
2.金森式ダイエットの正しいやり方

 

この記事を読むことにより、
金森式ダイエットの内容や、やり方を学び、正しく実践できるようになるのでBMI25以上で悩まれている方は必見の内容となっております。

体重推移グラフ

また、この記事を書いている私は、2020年2月から金森式ダイエットを行っており、実際に2カ月で10キロ落とすことができているので記事の信頼性につながると思います。



金森式ダイエットとは○○○である!

これだ

大きな視点からいいますと、金森式ダイエットとは食生活改善ダイエットです。
食生活を改善することによって健康を得られ、おまけに体重が減るというものです。

食生活を改善することによって、健康につながるダイエットですが、やり方を間違えると意味がありません。

 

これから説明することをすべて理解する必要があります。

 

金森式ダイエットとは断糖+高脂質食ダイエットである

金森式ダイエットはまず断糖しなければいけません。
これができないと成り立ちません。
低糖じゃなく、断糖です。

そして、高脂質食にする。

 

断糖+高脂質食にする理由

まず断糖にする理由としては、糖分は血糖値とインスリンを上昇させる特徴があります。

※インスリンは血糖値が上がると血糖値を下げるために分泌され、血糖値を下げる過程で血中の糖分を脂肪に変えて貯め込むようにしてしまう。

このように、糖分を中心とした食生活を続けているとどんどん太っていくんですね。

 

そして高脂質食にする理由は、

高脂質食にすることによって糖質とは違い、血糖値とインスリンの上昇を抑えられ、脂質だけをエネルギーとして使うことができ燃料となり脂肪を燃焼してしまうんですね。

 

今までは糖質をエネルギー源としていたので、断糖することによってエネルギー源がなくなりますが、そのエネルギー源を補うために高脂質食にします。
その暁に、脂肪が減るということです。

そこで、しっかり注意してほしいのが

 

・糖質と脂質のコラボは最悪で、一緒に摂取してしまうと合算して体脂肪として蓄えてしまう

 

という特徴があります。

 

アメリカ人をイメージしてみてください。

ジャンクフード

 

アメリカ人ってハンバーガーやピザを食べているイメージありませんかね?(あくまでイメージ)

アメリカ人って体型どうですかね?(あくまでイメージ)

 

 

ハンバーガーはバンズ(糖質)と肉(脂質)
ピザは生地(糖質)チーズ(脂質)

 

そういうことです。

ですので、糖質と脂質を一緒に摂取しない意識はとくに必要です。

 

金森式ダイエットとはタンパク質を適量とらなければいけないダイエット

これまで糖質と脂質に焦点を当てていきましたがタンパク質もとても重要です。

金森式ダイエットはタンパク質を摂りすぎてもいけないし、少なくてもいけない、適量をとらないといけないダイエットです。

 

タンパク質を適量とらなければいけない理由

タンパク質を適量とらなければいけない理由としては、基本的に日本人は質的栄養失調なのでそれを治すためにタンパク質を適量摂取しないといけません。

 

 

質的栄養失調とは「糖質過多+タンパク質不足+脂肪酸不足+ビタミン不足+ミネラル不足」のこと。

時事メディカルより引用

 

また、摂取量に関して、摂取しすぎると単純に太るし、少なくしすぎると体重は減るかもしれないが、筋力が維持できなくなり代謝が落ちてしまいリバウンドしやすい体になってしまうからです。

 

タンパク質の摂取を怠ると、体調が悪くなり、体重も落ちません。

健康状態の向上や体重の減少を目的にやると思いますので、本末転倒な結果に繋がりかねます。

 

金森式ダイエットとは運動しなくても良いダイエットである

金森式ダイエットは運動しなくてもいいダイエットです。

むしろ運動しない方がいいかも?

これは意外と感じる方がほとんどではないでしょうか?

 

運動しなくてもいい理由

運動しなくてもいい理由としては、

運動すること(特に有酸素運動)によってアドレナリンとコルチゾールが分泌され血糖値があがります。

血糖値のことについては【金森式ダイエットとは断糖+高脂質食ダイエットである】で説明したように、インスリンが分泌されるので糖を脂肪に変えてしまいます。
また、満腹中枢を邪魔してしまい食欲が増してしまい、また脂肪の合成を促してしまうんです。

ランニング

流れとしては

運動によりアドレナリンとコルチゾールが分泌→血糖値上がる→インスリン分泌→血糖値が下がる→腹が減る→食べる→脂肪の合成を促進

という流れです。

 

ですので、徳に運動する必要はないですし、ランニングなどの有酸素運動はやめましょう!



金森式ダイエットの正しいやり方

正しい

これまで金森式ダイエットとはどのようなものか大体イメージできたと思います。

 

もう少し、理解を深めたいという方は、金森式ダイエットに役立つおススメの本を紹介していますのでこちらをどうぞ!

 

そしてここからは、金森式ダイエットの正しいやり方について説明します。

 

タンパク質、ビタミンを摂取して質的栄養失調を改善!

高脂質食に切り替える前にタンパク質、ビタミンを摂取し質的栄養失調を改善させましょう。

・どんな人が質的栄養失調なのか?

 

バランスの良い食事を心がけていた方、過去にカロリー制限でダイエットをした方、ほぼ、質的栄養失調です。

質的栄養失調でなければ、特に対策する必要はないですが、基本質的栄養失調だと考えてください。

 

質的栄養失調の具体的な改善方法とは?

質的栄養失調の具体的な改善方法は、

肉、魚、卵の高たんぱく食品をしっかり摂り、ビタミンはサプリで摂取するようにしましょう。

 

具体的に、おすすめは、

肉:羊>牛>豚(鶏はダメ)

魚:さばやいわし

となります。

レシピを見たい方はこちらを参考にしてみてください!

 

サプリは、

ナイアシン、鉄分、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、オメガ3を摂取するようにしましょう。

 

これらを、しっかり行えば、快適に金森式ダイエットを行うことができます。

 

質的栄養失調を改善しないと、金森式ダイエットがスムーズに進んでいきません。

高脂質食を胃が受け付けなかったり、サプリでも同様。
酷い人は吐き気を催すこともあります。

まず、タンパク質中心の食事に変え、それからサプリを使う方法がスムーズでしょう!

しっかり体調を整えることから始めましょう。

 

サプリのことを知りたい方は下記からどうぞ

高脂質食にする

今までほとんどの人が糖質中心の生活だったと思うので高脂質食にするには、これまでとは比べ物にならないぐらいの脂質を摂取する意識を持たなければいけません。

 

具体的な摂取量の目安は、

まず、一日の必要たんぱく質摂取量を把握

・直近目標体重×1.0㌘を摂取する

 

私の場合

・現体重 90.5㌔
・直近目標 85㌔

つまり、85㌘を1日で摂取しなければいけない。

 

次に基礎代謝を把握

基礎代謝算出はこちらからどうぞ!

各項目を入力し

基礎代謝入力項目
基礎代謝入力項目2

基礎代謝量3

私の結果は、基礎代謝量2018kcal

 

次に、この基礎代謝をもとに、脂質の必要摂取量を算出します。

 

基礎代謝<目標摂取カロリーにしたい※ので私の場合は

基礎代謝が2018kcalなので目標摂取kcal少し多めの2100kcalとします。

※理由:基礎代謝より低くしてしまうと代謝が悪くなるから

 

脂質の必要摂取量の計算式は

(1日の目標摂取カロリー)-(1日のたんぱく質摂取量×4)=脂質の必要摂取量(kcal)

となります。

補足
タンパク質は1㌘4kcal
脂質は1㌘9kcal

 

上記の計算式に私のデータを当てはめると、

 

(1日の目標摂取カロリー2100kcal)-(1日のたんぱく質摂取量85㌘×4)=脂質の必要摂取量(kcal)

→2100-340=1760kcal(約196㌘)

となります。

 

そして、金森式の場合、脂質の摂取量は基本的に上限無し。

目標摂取量で物足りなさを感じる場合はたんぱく質の過剰摂取に気をつけ脂質で補いましょう。

 

脂質が多く含まれる食品のおすすめは、牛脂やバターですかね。生クリーム、MCTオイルも推奨されています。

紅茶に生クリームやバター、MCTオイルをいれて飲んでいる人もたくさんいますよ。

ただ、紅茶でも糖質が含まれるものがありますので、糖質が含まれていないか成分表をしっかり見ましょう。

 

炭水化物(糖質)をとらない

金森式ダイエットでは、糖質を摂取してはいけません。

金森式ダイエットを行っているときに糖質を摂取してしまうとほぼ100%体重増えます。
これは断言します。

ですので、かなり気を使って食品選びをする必要があります。

 

ダメな食品の基本は米、麺類、ジュース、デザート等、甘いもの系は全てだめだと思ってください。

そして特に気を付けなければいけないのが、調味料

基本調味料は使えません。

唯一使える調味料として、”塩”です。

ここで

塩コショウはいいの?

と思う方がいるかもしれません。

結論:ダメです。

塩コショウには糖質が含まれていますので。

 

ダメな食品に関してはこちらでまとめていますので参考にしたい方はどうぞ。

 

睡眠時間をしっかりとる(時間、理由、根拠)

金森式ダイエットでは睡眠をしっかりとることで、効果は上がります。

時間にすると7~8時間がベストですね。
これを上回ったり、下回ったすると、逆に太るといった例もあるようです。

寝すぎず、寝なさすぎずを心がけることが大事です。



【BMI25以上必見】金森式ダイエットとは?正しいやり方も紹介!のまとめ

まとめ

この記事では

 

・金森式ダイエットの内容

・金森式ダイエットの正しいやり方

 

について解説してきました。

 

金森式ダイエットの仕組みややり方を大体ご理解いただけたと思いますが、BMI25以上の人がこれを実践することが出来れば必ず成果を出せると断言できます!

また、他の健康効果もあり、

・歯がツルツルになる
・髪の毛が太くなる
・血流が良くなり顔色も良くなる
・美肌になり、張りや艶がが出てくる
・糖分への欲求が続けるうちになくなる
・糖尿病が改善される
・タバコを止められる。(喫煙者の経験談による)
・血液検査の数値が劇的によくなる

等の報告もされています。

私も上記の効果全てではありませんが、実感していることはあります。

 

これだけの効果を望める金森式ダイエットには、メリットしか思い浮かびませんが

・ダイエットに失敗してきた方

・体型を劇的に変えたい

方は特におススメなダイエットですので是非試してみてください!

周りの人を驚かせましょう!

 

この記事で説明したことはあくまで一部です。
もう少し詳しく金森式ダイエットを知りたいという方はこちらをどうぞ

 

また、色々なダイエットがある中で体に合う合わないは人それぞれだと思いますので、

以下で自分の体を知ってから検討しても遅くはないかもしれません!

自身の体質を検査したい方はこちら