金森式ダイエットで揚げ物は食べれる?【脂質が多ければいいわけではない】

食べていいもの

揚げ物

金森式ダイエットで何だったら食べていいのかわからない人は多くいると思います。

今回の記事ではその中でも

【揚げ物】

にフォーカスして解説していきたいと思います。

揚げ物にはざっと一般的な例をあげると

・からあげ

・かつ

・天ぷら

・コロッケ

など美味しいものがたくさんあるんですよね。

 

油で調理しているので

『脂質が高そうだからいいじゃん』

と思う方もいるかもしれませんね。

では、実際のところ金森式ダイエットで揚げ物は食べていいのか解説していきます。


金森式ダイエットで揚げ物は食べていいの?

結論から申し上げると、衣がついているような揚げ物は絶対ダメです!

 

なぜなら、その衣に糖質が含まれているからです。

 

基本的に衣というのは小麦粉や片栗粉、パン粉などを使用していると思いますが、糖質がかなり多いです。

どのぐらい含まれているかは以下の通りとなります。

小麦粉100㌘:糖質約73㌘

片栗粉100㌘:糖質約83㌘

パン粉100㌘:糖質約63㌘

 

数字を見ての通りほぼ糖質です。

残念ながら、とてもとてもおいしいからあげや、かつ、天ぷら、コロッケとはサヨナラしなければいけません。

 

しかしながら、こんな疑問も出てくるかもしれません

 

『素揚げならいいんじゃない?』

 

以下で解説します。



金森式ダイエットは素揚げだったら大丈夫?

結論:止めといたほうがよいです。

 

一般的に油で揚げるときってサラダ油やごま油。

また、オリーブオイルもあるかもしれませんね。

これらの油はオメガバランスが良くないんです。

一般的にオメガバランスの推奨は

オメガ3:オメガ6=1:1

が推奨されていますが、

上記で挙げた油はオメガ6が圧倒的に多いです。

オメガ6を大量に摂ると当然金森式ダイエットが成功しませんし、動脈硬化などの血管にかんする病気が発生するリスクが高まります。

 

仮に上記のような油を摂取するとオメガ3が含まれている食品(おもに魚)やサプリメントを大量に摂らないといけなくなります。

ですので、基本的には揚げ物全般ダメだと思った方がよいですね。


最終結論:金森式ダイエットをやるなら揚げ物を食べるのはやめましょう!

残念な結果でしたが、揚げ物はあきらめましょう。

金森式ダイエットではそのぐらいの覚悟が必要ですし、今までの食生活を劇的に変えなければいけません。

これを聞いて正直諦めてしまう方はいるかもしれませんが、人によって向き不向きがありますからね。

もし、この記事を見てもやる気の方は覚悟を決めましょう!